MENU

反射性尿失禁の症状、原因と仕組み

典型的な症状は、まず自分に尿意を感じません。

 

そのため、自分は何も感じていないのに、いきなり尿が出てきます。
しかもそれなりの尿です。。。

 

これはホントビックリします。

反射性尿失禁の原因と仕組み

 

脊椎の排尿中枢より情報の脊椎で障害が起こり、排尿をコントロールする神経で異常が起こっています。

 

脳と排尿中枢が遮断され意思疎通できないので、排尿中枢が勝手に判断して排尿します。

 

脊髄はかなり大切で、こういった脳と神経の連絡役をしています。

 

この脊髄に障害が起こると、連絡役がないために、中枢神経は単独で行動してしまいます。

 

交通事故や高いところから落ちて脊髄付近を骨折したり、脊髄の病気にかかると起こりやすい尿失禁です。

 

小林製薬 ノコギリヤシ